HOME > 動物別症例集 > 8ページ目

動物別症例集 8ページ目

ヒョウモントカゲモドキの卵胞うっ滞

下記の画像は1ヵ月内科療法しても改善がみられず外科的摘出にのぞんだヒョウモントカゲモドキの停滞していた卵胞の写真です。

卵胞うっ滞を呈した場合、卵胞による体腔内の物理的占拠により、初期には消化管が圧迫され、
食欲不振と腹部膨満が認められることが多く、続いて体重減少、元気消失、後躯不全麻痺などがが認められます。

内科療法としては、脱水を緩和するため皮下点滴を行い、低カルシウム血症を防ぐためカルシウム剤を注射を行います。
それでも改善が見られない場合は、外科的に卵胞の摘出を試みます。

本症例は外科的治療後も予後は良好で、摘出後、食欲が戻り体重も増え元気になりました。

ヒョウモントカゲモドキのヘミペニス(半陰茎)脱出

露出したヘミペニスが元に戻らない状態です。原因は外傷、炎症、また、ヘミペニスの収縮筋や総排泄腔の括約筋の障害を伴う神経系の異常、排泄物の停滞などです。脱出したヘミペニスはうっ血により浮腫や壊死を起こします。

治療は、組織の損傷が少なければ元の場所に整復し縫合します。著しい損傷や壊死が認められる場合には切断術を行います。

爬虫類の代謝性骨疾患(MBD)

主に爬虫類や両生類にみられる病気で、偏食のフクロモモンガでみられることもあります。
くる病や骨軟化症という骨疾患を引き起こすこともあります。

低カルシウム血症が原因とされ、栄養不均衡(低カルシウム、高リン、ビタミンD不足)や、紫外線が必要な種では照射不足により起こります。

成長不良や食欲不振、骨の菲薄化などが主な症状です。重度になるとけいれんを起こしたり、骨格が変形したりします。カメの場合は甲羅の変形やクチバシの過長がみられます。
まずは飼育環境の見直しが必要で、症状に応じてカルシウムの注射や内服薬が必要な場合があります。

爬虫類のクリプトスポリジウム症

原虫というごく小さな寄生虫の一種であるクリプトスポリジウムは、様々な爬虫類に対して致命的な消化器疾患を引き起こします。
国内では特にヒョウモントカゲモドキの発症が多いとされています。
また、海外のペットショップにおける爬虫類の死因においては、トカゲで44.4%、ヘビで6.7%、カメで4%を占めるといわれています。

嘔吐、下痢、食欲不振などが一般的な症状として見られます。
発症初期には食欲があるにもかかわらず体重が減少していくというのが特徴で、末期には重度の削痩を示したり、突然死してしまうことがあります。

効果的な治療法は現在確立されておらず、抗生物質、補液や強制給餌などの支持療法を中心に行います。
基本的には予後不良ですが、根気強く治療を継続すると治癒したという例も報告されています。

クリプトスポリジウムは単純な糞便検査で検出されることもありますが、検出率が低いため、当院では疑わしい子に対して遺伝子検査(RT-PCR法)を実施しています。

エジプトトゲオアガマの膀胱結石

爬虫類であるエジプトト ゲオアガマは、総排泄孔から固形物の糞、液状の尿、クリーム状の尿酸塩を排泄する性質があり、この尿酸が硬化することによって結石になります。タンパク質 の過剰摂取、水分不足、環境湿度の低下などが主な原因となります。結石が大きくなると痛みを伴い、周辺の臓器を圧迫するので、食欲低下、便秘、卵秘、尿道 閉塞、などさまざまな異常を引き起こします。

体腔内臓器(腹膜、心臓、膀胱など)の浮腫等の異常や、腎臓への負担の増加や脱水による高尿酸塩血症(=痛風 の症状)がみられることもあります。非常に大きくなった結石が膀胱の穿孔や周辺臓器の損傷を起こすと生命の危険にさらされる場合があります。全身麻酔によ る膀胱切開で結石を摘出する方法が、一般的な治療法となります。

グリーンイグアナの腸閉塞

腸管の内容物の通過が何らかの原因で障害された状態をいいます。原因の多くは異物の誤食で、腸の腫瘍や内部寄生虫が閉塞の原因となることがあります。

脱水やショック状態に陥っている場合には、まずはその治療を行います。外科手術で異物を取り除くといった原因に応じた治療を行います。

感染症や寄生虫症を予防しておくことも重要です。また、異物を飲み込む危険がないような環境にしましょう。

インドシナウォータードラゴンのヘミペニス脱

ヘミペニスに外傷・炎症を起こした場合、また、ヘミペニスの収縮筋や総排泄腔の括約筋の障害を伴う神経系の異常、排泄物の停滞などが原因となり、露出したヘミペニスが元に戻らない状態のことです。

脱出したヘミペニスはうっ血により浮腫や壊死を起こすので、組織の損傷が少なければ元の場所に整復し縫合しますが、著しい損傷や壊死が認められる場合は切断術を行います。

マツカサトカゲのダニ

マツカサトカゲはオーストラリアを代表する爬虫類です。WC(野生採集)個体では、よく鱗と鱗の間にダニがみられます。
診断は、皮膚の掻爬検査で成体や卵を検出します。
治療は、ダニ駆除薬(イベルメクチン)の注射を週1回、計4~5回行います。

カメレオンの直腸脱

総排泄口から直腸が飛び出し、元に戻らなくなってしまいます。爬虫類に多いです。原因としては、下痢便が続き腹圧がかかってしまうことが多いです。下痢の原因には寄生虫感染の場合もあります。

治療は脱出している直腸に局所麻酔ゼリーを塗布して、正しい位置に整復し、肛門を1針縫合します。腸が壊死する前に早めに治療しましょう。

ボールパイソンの水疱病

概要
ヘビ類に多く見られる皮膚病で、水疱症、小疱性皮膚炎、壊死性皮膚炎、スケールロットなど、様々な名称があります。

原因
細菌感染が皮膚に成立すると発症します。
ダニや寄生虫感染、免疫低下などの内的要因と、ケージ内の多湿や換気不足、不衛生、ストレスなどの環境要因が関係することがあります。

症状
主に腹部の皮膚が赤くなったり、水ぶくれを形成し、それがはじけて潰瘍になったりします。
重度になると敗血症を引き起こし、命にかかわることもあります。

治療法
抗生物質の投与と患部の消毒がメインの治療法になります。
症状に応じて外用薬(塗り薬)を処方することもあります。
また、飼育環境の見直しも非常に重要です。

<<前のページへ345678910111213