HOME > 動物別症例集 > 3ページ目

動物別症例集 3ページ目

ウサギの毛球症

毛球症は毛づくろいによって飲み込まれた被毛が胃内で毛球を形成し、胃の内容物がうっ滞を起こす消化器疾患であり、症状としてお腹の張り、食欲不振、便の変形や軟便などがみられます。

発生の原因として食事の繊維質不足、ストレスによる胃腸運動の低下、異物などがあり、毛づくろいのし過ぎ以外の原因も多いです。
予防としては、定期的なブラッシングや、毛球形成防止剤の内服があります。治療が必要なウサギさんには、基本的には内科療法を行い、重度の場合には外科手術が必要な場合もあります。

ウサギの歯根膿瘍

歯根部に細菌が感染し膿が溜まる病気を歯根膿瘍といい、不正咬合が主な原因となります。不正咬合になると硬い飼料(ペレット)の食べ過ぎで歯根に過度の負荷がかかりできた隙間から細菌感染を起こしたり、削れずに伸びすぎた歯が棘(とげ)となって口内に刺さって膿んだりします。

抗生物質の投与などの内科的な治療ではあまり効果がみられないことが多く、外科的治療が一般的で全身麻酔下での抜歯、排膿による消毒と開放創を作ることで中に膿を溜めないようにする方法 があります。しかし長期間治療が必要となり、完治が難しいです。

ウサギの膀胱結石

髙カルシウム尿が特徴であるウサギは、そのカルシウム排泄率の高さから結石が出来やすくなっています。そのためが砂粒状になったり、結石になったりすると 閉塞する危険があります。

結石症になると元気消失,食欲不振、血尿などの症状がみられます。結石を作らないための予防として適量のペレット、イネ科の牧草 や十分な量のお水を摂取することが大事です。もし結石ができてしまった場合は外科手術により摘出しなければなりません。

ウサギの軟部組織肉腫

軟部組織肉腫は皮下組織や筋肉などの軟部組織に発生する悪性腫瘍の一つです。発生部位は様々で、四肢・体幹・顔などです。この腫瘍は局所浸潤性が高く、転移は比較的低いと言われています。治療は外科的切除が一般的ですが、広範囲に切除しないと再発する可能性があります。その他の治療は抗がん剤や放射線治療などがあります。

ウサギの乳腺腫瘍

ウサギの乳腺腫瘍は乳腺癌であることが多く、悪性であることが多い病気です。早期発見が重要になってくるので、普段の生活からお腹などを触る習慣をつけて、 何かできものが触れたらすぐに病院につれていきましょう。


ウサギの乳腺腫瘍は外科的摘出術が第一治療法で犬や猫と一緒です。再発率も転移率も高いため手術 後の定期的な健診も大事です。

ウサギのツメダニ

ウサギの皮膚疾患のひとつにツメダニ感染があります。

症状として、体幹背側部(特に頸部)に痒み、脱毛、鱗屑(フケ)、が見られます。診断は鏡検で虫体を検出します。

治療は滴下式駆虫薬(セラメクチン)が効果的です。

フェレットの異物による腸閉塞

フェレットの消化器疾患ではよく見られる疾患です。
異物の種類は年齢により違いがあり、2歳以下の子は布、スポンジ、ゴムなどをよく飲み込んでしまいますが、中~高齢の子では自身の毛の塊(毛球)を詰まらせてしまうことが多いです。

重度の場合は嘔吐、流涎、下痢、体重減少等の症状がみられますが、初めの頃は元気消失、食欲不振などの非特異的症状で気付きにくいです。

基本的には画像診断(レントゲン、造影レントゲン、エコー検査)によって診断しますが、最終的には試験的な開腹手術で確定することもあります。

治療法としては開腹手術が行われ、胃や腸を切開して異物を摘出します。

フェレットのインスリノーマ

膵臓の腫瘍によってインスリンの過剰分泌が起こり低血糖となります。中~高年齢のフェレットによく見られます。フェレットの血糖値が70mg/dl以下の場合はインスリノーマ疑いとなります。

症状は、活動性の低下、腰のふらつき、よだれ、が初期に見られます。さらに起立不能、失禁、痙攣発作などの症状も発生する場合があります。

治療は原則的に内科療法です。血糖値上昇作用のある副腎皮質ホルモン製剤(プレドニゾロン)やジアゾキシドを使用します。

フェレットのリンパ腫

犬や猫と同じく、リンパ組織のあるところならどこにでも発症します。フェレットのリンパ腫は多中心型、縦隔型、消化器型などに分類されます。

症状は食欲不振・体重減少・虚脱・貧血・発熱など非特異的なものから、型によって、嘔吐・下痢・胸水・腹水・呼吸困難・排尿困難・後肢麻痺・多臓器不全・全身リンパ節の腫大・脾臓の腫大と発症部位によって種類や症状が様々です。

治療も犬・猫と同じ多剤併用の化学療法(抗癌剤)になります。

<<前のページへ1234567891011