HOME > 動物別症例集

動物別症例集

リクガメ 陰茎脱

リクガメ 陰茎脱

陰茎が元に戻らなくなって、出っぱなしになってしまったリクガメさんです。
出っぱなしになると、傷ついたり壊死したりするため元に戻らない場合は外科的な処置が必要にもなる状態です。

根本的な原因として、同居に噛まれていただとか、お腹の中に異常があるとかがあればそちらに対する検討のため、検査が必要となります。
また、似たような所から出る臓器として、腸だとか、メスであれば卵管だとかもあるため、しっかり区別する必要もあります。

ねこ 心臓病

ねこ 心臓病

ねこちゃんにも心臓病があります。
が、犬に比べるとかなり分かりにくいです。

心臓の雑音が無くても心臓病のこともありますし、心臓病の種類もいくつかあります。
また、症状としてほとんど気付かれない状態から、血栓ができて急死してしまうこともあるので怖い病気の一つです。
多様な猫の心臓病を検出するためには、聴診、画像検査の他にも血液検査や血圧測定・心電図などいろんな検査を組み合わせる必要があります。


画像を使わせてもらっているねこちゃんも
症状は何もない状態でしたが、健康診断すると心臓病が見つかったという状態でした。
分かりにくい心臓病を早めに検出するためにも健康診断は大事ですね。

ねこ アレルギー性皮膚炎

ねこ アレルギー性皮膚炎

ねこちゃんに痒みを引き起こす病気の一つです。
耳や目、首回りなど、頭部周辺に症状を出すことが多く、脱毛したり、赤くなったり、お肉が盛り上がったように見えたり様々な見え方をします。

アレルギーの診断には、
他の痒みの原因ではないことを確認したり、アレルギーの原因として、ノミや食物などの抗原が関係しているのかチェックしたりすることが必要になります。

また、アレルギー疾患で明確な抗原までを認識できなかったものとして「非ノミ非食物アレルギー性皮膚炎」というものもあります。

多様な症状を示すアレルギー性皮膚炎ですが、
痒いのはやっぱり可哀そうなので、食事の変更やお薬で改善できるといいですね。

いぬ 骨盤骨折

いぬ 骨盤骨折

いぬに大きな力が加えられた時、骨盤が折れてしまうことがあります。
具体的には、蹴られたり、上層階から落下したり、車にはねられたりなどです。

このような事故が起こってしまった場合は、骨折の有無に限らず、他の内臓器にも異常が出ていないか調べる必要があります。

幸いにも他の臓器に異常が無ければ、この症例のように骨折部にプレートを固定する手術で治療できることもあります。
他の臓器に異常がある場合には、状況次第ですが入院治療で状態の安定化をはかってから手術に臨んだほうがリスクが少ないこともあります。

ウサギ 肝葉捻転

ウサギ 肝葉捻転

ウサギさんの胃腸うったいのような症状だけど、ちょっと違いそう
そんな時に隠れていたりする病気です。
肝臓という臓器の一部がねじれてしまう、ウサギの救急疾患です。
内科的な治療でも治まることもありますが、基本的には外科的な治療が必要になります。

単純なうったいではなさそうな時は、
血液検査やエコー検査など、追加検査も行い
リスクに備えることも大事です。

猫の尿管結石

猫の尿管結石

猫ちゃんの尿管(腎臓から膀胱の間)に石が出来る病気です。

症状としては、
食欲不振や嘔吐、下痢、元気消失、尿量の減少を起こしたり、
痙攣やショックなど重い症状が出ることもあります。

経過や全身の状態、検査結果などを含めて治療をすすめて行く必要がありますが、
根本的に石を無くすためには、外科的な摘出が必要となります。

ただ、石を取り除いた後も腎臓の評価と内科治療や食事療法など
継続的なケアが大事な病気です。

文鳥のトリコモナス

文鳥さんでそのう検査をするとちょいちょい出てくるのがこの原虫です。

文鳥にかぎらず、セキセイインコなど小鳥さんで良く見られます。

吐きそうな様子だとか、口をモゴモゴするのが多いとか、食欲が減ったとかでご来院されることもありますが、
何も症状がなくて、健康診断でそのう検査をすると出てきたということもあります。

駆虫薬を使用することで駆除できることが多いので、
新しい子をお迎えした時は、そのう検査もしてチェックしてあげることをおすすめします。

ハリネズミの絞扼症例

ハリネズミの絞扼症例

小動物全般で、足先などの細くなっている部分に
糸などが絡まって、締め付けられ、組織や血管が圧迫される状態を絞扼と言います。

糸が絡まっただけ、という単純な状態ではなく
足先に血が流れなくなってしまうと、壊死してしまう可能性もある怖い状態です。

早急に絞扼部位に絡んだ糸を外してあげる必要があり、
血液が戻れば、足先も正常に戻る可能性もあります。

ただ状況によって、血流が戻らなかったり、本人が自分で噛んでしまったりする場合には
断脚になってしまう場合もあります。

足先に糸が絡まないよう、飼育環境の見直しをすることも大事です。

脱皮不全を起こしたヒョウモントカゲモドキ

脱皮不全を起こしてしまったヒョウモントカゲモドキさんですね。

爬虫類を飼われている方なら良く見る「脱皮」
これが正常に行われていれば、
脱皮後に皮が残ることはないんですが、
上手く脱皮できない子の場合
手や眼の中に脱皮片が残ってしまったりします。

脱皮片が残ってしまうと、
指先が締め付けられて壊死してしまったり
眼が開けられなくなって食事が取れなくなったりすることもあります。

残ってしまった脱皮片に対しては
お湯などでふやかしながら、ピンセットや綿棒で優しく剥がしてあげたり
生理食塩水などで洗い流してあげる必要があります。

また根本的には脱皮不全になってしまう原因があるため
脱皮のしやすい環境にしてあげたり
病的な原因を排除していく必要があります。

カメの嘴の異常(嘴過長)

カメの嘴の異常(嘴過長)について


カメは歯を持たず、代わりに「嘴」を持ちます。
嘴は普段伸び続けていますが、適切なかみ合わせによって
正常な形を保っています。


カメの嘴が異常になる原因として
物理的要因(外傷、繊維質の不足)
栄養的要因(ビタミンA欠乏、蛋白質過剰、栄養失調)
病気(肝疾患、口内炎、代謝性骨疾患)などがあげられます。


異常な嘴の治療としては
嘴の整形をするとともに
原因に対する対処も必要となります。


飼育管理の不備によっても起こることがありますので、
飼育に不安がある方は病院やペットショップなどで
しっかり飼育の仕方を指導してもらってください。

1234567891011