HOME > 動物別症例集 > 6ページ目

動物別症例集 6ページ目

フェネックの皮膚病

フェネックギツネは砂漠に棲息しているキツネで、犬と同じように皮膚炎をおこします。
皮膚炎の原因は、大きく3つに分かれます。

1. 外部寄生虫(ノミ・マダニ・疥癬ダニなど)によるもの。
2. カビ(真菌)や細菌の感染によるもの。
3. アレルギーによるものです。

これらの検査をして、治療を検討します。

アメリカモモンガの脱毛

有袋類のフクロモモンガとは分類が全く異なり、アメリカモモンガはリス科のげっ歯類になります。しかし脱毛の原因は類似している点も多く、ストレス、ホルモン、感染、栄養性、季節性などさまざまな原因で起こります。

感染症などが原因の場合は抗菌薬による治療を行いますが、生活の環境や食事が原因の場合も多いため、環境・食事の改善をしてできるだけストレスを与えないような生活をさせることが重要です。脱毛の種類によっては痒がる時もあるので、自咬症などに進行する前になるべく早く診察を受けることをおすすめします。

ヒメウズラの総排泄腔脱

左の写真はヒメウズラの総排泄腔が外転して脱出してしまった写真です。

鳥の総排泄腔脱においては様々な原因がありますが、主な原因としては産卵後、卵管や排泄腔に傷や腫れが残ってしまうと、次の産卵時、イキミが持続して起きてしまうことが一般的です。

放っておくと排泄腔が腐ってしまい、過度な疼痛によるショック、壊死部からの細菌感染により、死に至るケースもあるため、早急に脱出した臓器を体腔内に戻す必要があります。
再脱出する際は、排泄腔を縫合し物理的に脱出を防止します。その際に抗炎症薬や抗菌薬で腫れや細菌感染をコントロールします。

鳥の骨折

人が踏んだり、挟んだりすることによって、脚や翼を骨折することがあります。特にセキセイインコや文鳥は手乗りとなりやすく、人の後をついて回ることがこれらの事故の原因となります。
小鳥の骨折の手術は、折れた骨の中にピンを挿入して固定する方法が一般的です。術後はギプス固定をして、骨が回転しないようにします。
骨が癒合するのには、3週間ほどかかります。レントゲンで骨の癒合が確認できたら、ピンを抜きます。

鳥の趾瘤症(バンブルフット)

細過ぎまたは太過ぎなどの止まり木による偏った足底への負担や肥満、床が硬いなどが主な原因で起こる病気を趾瘤症といいます。すべての鳥類でみられ、生活環境の改善がないと、細菌感染を起こして痛みにより立てなくなってしまいます。

生活環境などの根本的な改善が必要ですが、細菌感染や疼痛などには抗生物質や鎮痛剤などの治療法があります。

インコの腹壁ヘルニア

腹部の筋肉が伸びたり裂けたりしてヘルニア輪から臓器が飛び出た状態を腹壁ヘルニアといいます。セキセイインコの雌がほとんどでオカメインコなどにもみられ、慢性的な発情や産卵が原因となります。腸や卵管が脱出すると、腸閉塞や卵塞の原因となりますが、症状がでないこともあります。外科手術で開いた穴をふさぐ治療が必要になります。

インコの嘴過長症

嘴形成不全は、嘴の過長、脆弱化、横または縦のストレスライン、変色や出血班などがみられるものをいいます。多くは肝機能障害や高脂血症によって起こります。PBFDでは特に上嘴が過長し、脆弱化します。

嘴の過長は、肝不全や、アミノ酸欠乏、PBFD、疥癬などによる成長板細胞の異常により、嘴のタンパクの合成異常が生じ、上嘴が過伸長します。鳥が診れる病院で、嘴のトリミングをしてもらい、基礎疾患を治療していきましょう。

インコの肝疾患

飼育環境が発情しやすい状態であると鳥は持続発情状態となり、エストロジェンが持続的に分泌され、高エストロジェン血症を起こします。そして常に肝臓から血液中へ蛋白質が放出されることにより肝臓が疲労し、肝機能障害が起こってきます。

診断はレントゲンで肝臓の大きさや形状の評価を行います。高エストロジェン血症によって骨に過剰にカルシウム沈着を起こした状態を多骨性過骨症と言います。

治療は、飼育環境の改善や薬物による発情抑制と、肝臓薬の内服が必要です。

セキセイインコのマクロラブダス症(メガバクテリア症)

多くの鳥類が胃に保有しているカビの一種です。しかし、感染していても必ず発症するものではありません。

症状は削痩・食欲不振・嘔吐・下痢・黒色便などの消化器症状が見られます。重症例では吐血を起こすことがあります。糞便検査によってマクロラブダスを検出します。治療はメガバクテリアを排除するための抗真菌剤と消化器症状に対しての対症療法をします。

健康チェック(体重測定、糞便検査)で早期に発見しましょう。

セキセイインコのそ嚢食滞

消化管の運動機能が低下するため、そ嚢内に食べ物や液体が溜まる病気です。ヒナに起こりやすく、食欲不振、呼吸困難、寝てばかりいるなどの症状がでます。原因は、不適切な餌の給餌、環境不良、感染症などです。

治療としては、器具を使って除去したり、胃腸の運動機能を改善する薬を用います。感染があれば、抗生物質や抗真菌剤を使います。

<<前のページへ1234567891011